スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

照明セレクト

2009/12/22 Tue 04:44

VOL_091222.jpg

悩んでいた照明。
結局、あっさりと決めてしまいました。
結果、良かったと思っています。

亀のように歩みの遅い水槽立ち上げにはずみが出ました。
選んだ照明は、

カミハタ ヴォルテス
http://www.kamihata.co.jp/light/l_12.html
30W ホワイト

私が求めていたものは、

・水槽から離れたところに設置しても十分な明るさがあること
・絶対に吊り下げ設置ができること(水槽の縁にも設置したくない)
・できるだけシンプルなデザインであること
・必要以上に高額でないこと
・できれば、存在消えて欲しいw

実は、小型水槽用にどのような照明があるのか、水槽より先に検討していたくらい。

AXY300(13W)とEHEIM LIGHT(24W)を使った経験があるのですが、どちらも、置き型で、リフトアップしただけで、光量不足を感じました。
また、私としては、蓋をしたような姿になってしまうのも、残念なところでした。

やっぱり、水中もそうなんですが、水面や水上も見たいんですw
そんな欲張りな注文に、答えてくれたのが、ヴォルテスでした。

VOL_03_091222.jpg

クリップを取り外せば、吊り下げができます。

VOL_02_091222.jpg

吊り下げ用の鎖が付属しているのですが、私としてはNG。
取り外して、根元からワイヤーを通しました。

シェードの吊り下げるとなると、電源も必要です。
電源だけ下に垂れ下がってしまっては、もともこもないので、
天井にライティングダクトを取り付け、照明を吊すことにしました。
もっとこだわるなら、ダクトを天井に埋め込むとか、電源だけ天井から通して、
ワイヤーを天井から直に垂らすのも手かもしれません。

anchor_091222.jpg

天井が石膏ボードの場合、直接ビスを打ってしまうと、ボードが崩れ、ビスが抜けてしまいますので、まず、天井の取り付け位置にアンカーをねじ込みます。(天井に穴を開ける勇気があればw)
このアンカー石膏ボードなら、下穴無し、ドライバーで天井にねじ込むだけです。超簡単です。

rail_01_091222.jpg

んで、予め組み立て配線しておいたライティングダクトを取り付けます。
ライティングダクトは、もう、説明なんていらないくらい簡単
に配線も組み立てもできます。

hook_091222.jpg

ダクト用のフックとソケット。
こいつで照明のワイヤーひっかけて、電源を取ります。
これで水槽を移動しても、位置を変えられます。(横にだけねw)

hook_02_091222.jpg

取りあえずグチャグチャ。あとで、整理します。
いきなり乱雑になるという。

VOL_04_091222.jpg

出来上がり。
まだ水を入れていないので、なんとも言えないのですが、
水槽の上30センチ弱の位置にワイヤーで吊り下げてみました。

お疲れ様~



スポンサーサイト
照明 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
お疲れ様でした。
施工ならびにブログの投稿、お疲れ様ですw

ははあ、こうやって照明を吊り下げるのですね。
僕はアクア用品のカタログから探すぐらいしか能がないのでw、なるほどなあと感嘆している次第です。

僕も水中も水上も見たい派なので勉強になります。
そういえば、今は近場にない水槽の写真もいろいろと拝見したいですねえ。
素敵な照明ですね!
細部までこだわるところがさすが!!

ところでタイマーが必要なのかと思いますけど
どこに接続するのでしょうか?

松下電工に「あけたらタイマ」なんてのもありますけど。笑

No title
これはまた、かなり雰囲気のいいライト選びましたね
天井から吊るすっての、いいね♪
うちもそれに換えようかな(おい
No title
おっ、ヴォルテスにされたのですね!
明るそうですねー。

AXY300とEHEIM LIGHTは、私も使ってましたが、
AXYはランプのコネクタ方向が暗いし、
EHEIMはデザインが...ですね。
両方とも確かに閉塞感がありますよね。

アンカーとライティングダクト、勉強になりました。
ワイヤーもGoodですね。

流木のライン、素敵です。
>YASUさん
コメントありがとうございます。

> ははあ、こうやって照明を吊り下げるのですね。

簡単でしょ?w
記事にするほどでもないかもしれませんが、自分のやったことの記録にもなるので。

> 僕も水中も水上も見たい派なので勉強になります。

きっとYASUさんも欲張り?(笑)
水草が水面突破すれば、それで満たされる部分もあるのですが。
今は、どうやって陸地部分を作るか考えています。

> そういえば、今は近場にない水槽の写真もいろいろと拝見したいですねえ。

そ、そうですね。
初心者丸出しですが、写真捜してみます。
>カサさん
コメントありがとうございますw

> 細部までこだわるところがさすが!!

鎖の事でしょうかw
いや、あまりにも酷い鎖が中途半端な長さでついていたので。
というか、ワイヤー付属させたほうが、コストも安くて見た目もいいんじゃないの?
とか思いません?

> ところでタイマーが必要なのかと思いますけど
> どこに接続するのでしょうか?

このライティングダクトは、末端をプラグにしましたので、壁のコンセント
部分でタイマーに接続します。
タイマーは、安いモノを使って、CO2やエアレーションとは別回路にしまーす。

> 松下電工に「あけたらタイマ」なんてのもありますけど。笑

カサさんらしいセレクトとコメントですw!
これ、やってみてください。
東京では、アクアスペースのライティングダクトと、壁のスイッチを連動させています。
これは、後で、壁付けタイマーに簡単に切り替えられるように考えていたからです。
メタハラの場合は、安定器の設置位置問題もからんできますね。


>おととさん
コメントありがとうございます。

結構お薦めかもしれません。
天井から吊すのもお薦めです。
アクアリウム用品が、置かれる空間や設備にまで意識が広がってくるといいなとは思います。
是非、天吊りトライしてみてください。
「じゃぁ、ここ、こうしてみようかな?」というアクアリウムと置かれる環境意識の連鎖を生み出すと思いますよw(超オーバー)
ちなみに
対荷重はどの程度あるんですか。(素朴な疑問)

陸地は確かにどうつくるのだろうと思いました。勉強させていただきますねw

いやー、それにしても多分僕の方が初心者だと思いますよ。
>パーシーさん
> 明るそうですねー。

まだ水入れていないので、わかりませんが、
20センチちょっと水槽から離れていても、多分水槽底まで十分光が届くと思います。

> AXY300とEHEIM LIGHTは、私も使ってましたが、
> AXYはランプのコネクタ方向が暗いし、
> EHEIMはデザインが...ですね。
> 両方とも確かに閉塞感がありますよね。

そうそうw AXY。東京で妻が30センチキューブにAXY300とEHEIM LIGHTを同時点灯させています。そこまでいくと、さすがに、おお!という明るさ。
私、どちらも、置き型の照明の中では、デザイン的にもOKですよw
AXYは、メカっぽくて、メタルパイプなんかとの相性も悪くないし、
EHEIMなど、白ですし、壁と同化するので、存在が重くない。
他社には無いので、お!と思いましたね。

> アンカーとライティングダクト、勉強になりました。
> ワイヤーもGoodですね。

ドリルが無かったので、アンカーが下穴無しでねじ込めたのが非常に良かったですね。
吊り下げ強度も十分過ぎるほどあります。

> 流木のライン、素敵です。

ホーンウッドとかいうやつです。陸地部分と、水面を突き抜ける流木の組み合わせ、考えてもちょっと難しそうで、やや萎えてますwとにかく、もっと安い流木集めます。

>YASUさん
コメントどうもです。

このアンカーは、石膏ボード工業会企画(GB-H)9.5mmの石膏ボードに対して、
引き抜き最大荷重が91kgfあります。
JIS:GB-R規格9.5mm石膏ボードでは、27kgf。
これを3個で、約1mのライティングダクトを吊りました。
感覚的にも、十分過ぎる強度があると思いますです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。