スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

届きました!

2011/01/10 Mon 22:14

R0013548.jpg

Chiyoko Nishimori's Art Works Calendar 2011

Nature-Aqualandのmiedaさんより、今年のカレンダーを送って頂いちゃいました!

去年もひょんな事からカレンダーを送って頂きまして、そのクオリティに感動していたのですが、
今年は、イラストがカラーで、とてもかわいい!
カワセミやネオンテトラなどのキャラクターも登場。
生き生きした感じや、キラキラ光が指しているようなイラスト。
さすがです。Chiyokoさん
このカレンダーは、清潔感があって、とても好みです。
紙質もこだわりが感じられます。
問題は、勿体なくて、私の汚い字で書き込みするのが気が引ける事^^;

miedaさん、Chiyokoさんありがとうございました!

R0013553.jpg

さて、部分解体をした60センチ水槽。
まだクリプトが、ぐちゃぐちゃに伸びてます。
実はこれ、わずかに残ったソイル部分に植わってまして、元気のいい葉もあれば、萎縮して丸くなってしまったり、枯れかかったりしているものが混在。
ここの解体は、しない方針なのですが、ソイルをマスターサンドに取り替えたいんですよね。
あ、って事は、解体か。

左半分は、元気の無いボルビディスが流木に活着中・・・
部分的にもお見せできる状況ではありません(泣)

さらに、植物が減って、バランスを崩してしまったのでしょうか。
油膜が酷いんですよね。
環境作りに時間が必要かもしれません。

R0013570.jpg

リリーパイプを導入しました。
過去割ってしまってから、ずっと使っていなかったのですが、
見た目も、機能もやっぱり理想的に思えて。

エアレーション時のコポコポ音も心地よいです。
スポンサーサイト
管理記録(60cm) | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
ありがとうございます
昨年続き、今年もカレンダーをご紹介いただきありがとうございます。
気に入っていただけてとても嬉しいです。
イラストをそのように言っていただけて妻も喜ぶと思います。
大好きなカワセミやネオンテトラなどを描いてもらえて、実は私も喜んでいます。(笑)
カラーになったことで、こうした色彩の美しいキャラクターを登場させやすくなった…と言ってました。
たしかに、黒のドローイングでは、テトラかラスボラかわかりませんもんね。(笑)

60cm水槽の部分解体おつかれさまです。
いっそクリプトの部分も、えい!やー!で解体しちゃいましょう…と背中を押してみる。(笑)
クリプトも根の密度が高くなりすぎると溶けたり、萎縮したりしますので、一度抜いて根を切り、元気なものだけ植え直しした方が復活が早いかもしれませんよ。

リリーパイプはやっぱり綺麗ですよね!
エアレーションと油膜対策にもなり機能も理想的ですよね。
ただ、割れやすいので扱いは慎重に…ですよね。
私も、過去に随分たくさん割ってしまいました。
明けましておめでとうございます
水は見るだけじゃなくて 音もいいですよね!
触ってもいいし!
やっぱり 水はいいですね!

三連30キューブ 楽しみにしています!
リリィパイプは憧れるんですけどね~
未だに導入には躊躇しています^^;
給水側を美しくすると、吸水側も何かしらしてあげないとですもんね~
それに割ってしまいそうなんですよね・・・。
ウチの場合は片方は普通にストレーナースポンジになりそうですから^^;
ちょっとそうなると不細工やなぁ・・・。

本年もよろしくお願い致します^^
クリプト茂ってますねえ。
うちのも、さんざん茂ってたのに、リセットして植えかえたら、途端に調子くずしました。
溶けきる前に復活してくれれば良いのですが。
クリプトのご加護を貰って行きますw
こんばんは。
カレンダー、良い感じですね!
イラストも、味わい深そうですが、
どうしても、フォントや紙質に目が行ってしまいます。(笑)
電子化も、もちろん便利ですしメリットも大きいのですが、
やはり紙面の文字を追う、紙の紙面に触れる・ページをめくるというような感覚も素敵...
と思ってしまうのは、歳のせいでしょうかね。(笑)

油膜は私のところもきちゃってます。
ガラス製は無精な私には、やっぱりツラそうなので、
相変わらすメタジェのスリット部は無視して(笑)、
いろいろ取り付けつつ探ってるんですが、なかなか...。
Do!aquaのポピーグラス、バイオレットグラスは以前試しましたが、
掃除のめんどくささと、なんか水流が違うかなぁ...と、結局やめてしまいました。
ショップでリリィの流れを見ていると、やはり良さそうな流れだなぁと思ったりしますし、
ショップの方と話すと、
やっぱりそういう意味で他のガラス製の出水口とくらべると、
「よくできてますよね~」という話になったりします。

メタル製なら確実に使っていたかも知れません。(笑)
こんばんは
おしゃれなカレンダーですねぇ。
デザイナー(自称)をやってた頃がなつかしいです。
今年は不景気のせいか、どこからも入手できませんでした。。。会社にさえきてないです。

リリィパイプは私も使いたかったです。
でも、壊す確率が高すぎてやめました。
お店の人は、割れても修理できますよと言ってくれましたが、修理代だって高いでしょ~
ってことで、バイオレットグラスに格下げです。

長持ちさせてくださいまし。
>miedaさん
コメントいただきまして、ありがとうございます。モノクロのドローイングも素敵だったのですが、カラーだと、より楽しくなりましたね!
大切に使わせていただきます。
Chiyokoさんにも、よろしくお伝え下さいませ。

クリプトは、レイアウトの準備が整ったら、やっぱり解体しようと思います。
ソイルは使わないようにしたいので。

魚の数が、少し多いので、キューブを一つ稼働させないとかな。とか、ダラダラ悩んで、手が動きません(-。-;

リリーパイプはやっぱりいいですね。
こまめな手入れが必要で、その割にデリケートというのが、確かに苦痛に思われる方も多いようですけど、私はいじるのがすきなので、楽しいイベントにしようと、綺麗な今は思っています(^^)


>和らさん
コメントありがとうございます。

そうそう。オープンアクアリウムが一番だと感じるのは、水面の動きや、音も楽しめるところですよね。

水槽がリビングにあるので、リリーパイプのエアレーション中は、コポコポ音が聞こえます。

気持ちよく音を聞いていると、トイレに行きたくなっちゃったりしませんか?(^_^;)
>wisper-warugakiさん
コメントありがとうございます。

リリーパイプの導入は、確かに躊躇しますよね。一度割ってしまってから、私もずっとそうでした。

見た目、機能…
いろいろ試してみたのですが、やっぱりこれかな?っと、舞い戻りました。

うちでは、水槽への給水はリリーパイプ、吸水側は、メタルパイプです。汚れも見えず、水槽内でも意外と目立たず、価格もガラスパイプより安いですし。

スポンジとの相性も悪く無いなと個人的には思ってます。

というわけで、リリーパイプどうですか?笑
>hay911さん
コメントありがとうございます。

クリプトは、水上を覆っていた観葉植物をどけて、光を改善した途端に、ニョキニョキ伸び始めました。

そうなんですよね。
環境が、ちょっと変わっただけで、ひねくれちゃったりしますよね。
なので、ソイルからマスターサンドへの移行に、ドキドキしてます。
以前、マスターサンドで、クリプト失敗させてますので。

hay911さんのクリプトも、早く復活するといいですね!
>パーシーさん
コメントありがとうございます。
フォントや紙質、職業柄、そう思われるのかもですね。
グラフィックデザインは、miedaさんによるものなので、清潔感があって素敵です。
紙質は、イラストとの相性がとても良くて、厚手でしっかりしてます。

活字や、ページをめくる感覚は、私もわかります。手帳にモレスキンを愛用してるのも、そんな理由からかもしれません。

油膜いやですねー。
リリーパイプの効果は、絶大です。
上げ下げ面倒ですけど。

メタルパイプの応用、続けていらっしゃいますね。手入れは、もう一本あって、交換できるなら、楽だなぁと、思ってます。

メタル製リリーパイプ、見たいですね(^^)
>balloon_mollyさん
コメントありがとうございます。

カレンダー、確かに最近減りましたね。
頂いて嬉しいカレンダーは、多くはないですけど。miedaさんに頂いたものは、とても気に入ってます。

絵本の世界でも、絵を描くにあたって、紙や文字にこだわりは、もっていらっしゃると思います。思い入れですよね。

リリーパイプ断念されてましたか。
見た目、機能意外に、私にとってとても大事なファクターがあります。

ええ、自己満足w

これ、結構な割合占めてます。
折角楽しむならと、散財です。

ご無事ですよね!?
被害が軽度であることを願っています
>和らさん
放置しておりまして、申し訳ございません!
お気遣い頂き、ありがとうございました。

水槽の被害は、水8L程をぶちまけた程度で済みました。
和らさんのところも大変だったのではないでしょうか。
これからブログお伺いしますね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。